化粧水を変えるだけでニキビを改善することが可能

  1. ホーム
  2. 余分なものを落としてケア

余分なものを落としてケア

ウーマン

古い角質や皮脂を落とす

ひどいニキビは水洗顔が良いと言われていますが、いつまでも水洗顔では古い角質や皮脂が溜まってしまいターンオーバーを阻害することになってしまいかねません。ひどい炎症ニキビでないかぎり、洗顔石鹸で汚れや余分な皮脂をしっかり洗い流しましょう。しっかりと言ってもゴシゴシ擦ったりせず、ニキビをあまり刺激しない肌にやさしい洗顔石鹸を選ぶことが大切です。ニキビを刺激しない肌にやさしい洗顔石鹸とは、石油系界面活性剤・防腐剤・合成香料などの刺激の強い成分が配合されていないナチュラルな洗顔石鹸です。ニキビ専用を謳っている洗顔石鹸でも、配合成分を確認すると肌への負担が大きい成分が配合されていることもありますから注意しましょう。ニキビケアのための洗顔石鹸は、配合成分だけでなく吸着力で選ぶことも重要なポイントです。濃密な泡で洗顔すると効果的に毛穴の汚れを落とすことができますから、ニキビケアで必要なのは洗浄力より吸着力です。洗顔する時は、濃密な泡で包み込むように泡洗顔し、洗い残さないように注意してよくすすぎます。洗顔が終わったら清潔なタオルで拭き、時間をおかずすかさず化粧水で保湿しましょう。ニキビケアには乾燥対策がもっとも重要ですから、お肌を乾燥させないように保湿に注力することがなにより重要です。保湿成分がたっぷり配合された化粧水で乾燥対策をしましょう。高い保湿力があるセラミドは肌にうるおいを与えてくれるだけでなくバリア機能を向上させ、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を整えてくれます。抗酸化作用のあるビタミンEや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合された化粧水もおすすめです。これらの成分が配合された化粧水でニキビのできにくいお肌を目指しましょう。