化粧水を変えるだけでニキビを改善することが可能

  1. ホーム
  2. 初期は保湿のみでも十分

初期は保湿のみでも十分

化粧水をつける人

悪化する前の対処が肝心

治りづらく再発しやすい大人ニキビを改善するには、状態に応じたケアを行うことが大切です。最も初期の段階である白ニキビの場合には、化粧水を使って保湿ケアする方法が有効となります。成分が浸透しやすくなるよう、事前に蒸しタオルや半身浴などで肌を柔らかくしておくとより効果的です。毛穴に皮脂が詰まることにより白ニキビは発生しますが、アクネ菌が繁殖したり皮膚が炎症を起こしたりはしていません。皮脂を増やしすぎないためにも、化粧水による保湿効果で肌のバリア機能を高めることに重点を置くようにしてください。黒ニキビも基本的には白ニキビと同様のケア方法で通用します。刺激にならないように気を付けながらピーリング効果のある化粧水やスクラブ入りの洗顔料等を使うのも良いでしょう。黒ニキビまでなら跡が残る心配も少ないため、可能な限りこの段階までで食い止めるようにすることが得策です。この状態からさらに悪化し炎症が起こってしまった赤ニキビや黄ニキビに対しても、保湿ケアは重要です。しかしこの段階になるとそれだけでは対応しきれなくなってきます。跡が残らないように治すためには殺菌及び抗炎症作用のあるサリチル酸や、ニキビを悪化させる原因となるアクネ菌の増殖を防いでくれるような成分を含む化粧水を使い、少しでも早く肌の状態を落ち着けるようにする必要があります。いずれの段階も、肌に対して摩擦や刺激を与えるようなやり方は避けるのが賢明です。洗顔料も化粧水もやさしく馴染ませることを基本とし、丁寧に根気よくケアしていくようにしてください。